真由美のブログをみてくださってありがとうございます。日々感じていること、感謝の気持ち、勇気づけられる言葉、私の趣味やいつまでも若くかわいらしくある自分の美容で気を付けていること、日々の日記のようなものを書いていきます。いろんな情報がありますので飽きませんよ。宜しくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝してますm(__)m

私は、これまで愛情に包まれていたんだな~っと感じる日々です。

元彼には感謝してます。
私のことをとても大事にしてくれて、将来ことも考えてくれて闘ってくれてた。私はよく分からず彼から離れてしまった。

色んなところに連れて行ってくれて、どんなに忙しくても(日頃夜中まで働いても)必ず週に2日は会う時間をとってくれた。今、私自身が忙しい職場にきて、時間をとることの難しさを実感している。

もう元に戻ることはないし、もう連絡をとることもないけど、色んな思い出は消えることはない。
今こんな状況になって私は間違っていたのかなって分からなくなってきた。

あれから、毎日不安な日々を過ごして、心の底から笑顔になったことがないような気がする。
写真を見るとよく分かるな。

人はやっぱりしっかりした実感した愛情がないとだめなのかな。

青空が出てこないかな!!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ありがとう(*^_^*)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

上を向いて行こう!!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

信州 山の日制定記念イベント

平成26年7月27日(日)
信州 山の日制定記念イベントin国営アルプスあずみの公園に行ってきました。
今年より信州では独自に山の日を全国の山の日に先駆けて制定されたよ。7月の第4日曜日がその日。
信州 山の日
アルプホルン、いい音色が響く~
山ガール
オトメ☆コーポレーションが山ガールのファッションショー
山の日
チェンソーで木彫り
国営アルプスあずみの公園
国営アルプスあずみの公園しばらくぶりに行ったら、広くなっていて新しく橋ができていた。

裏千家 今日のお稽古【四ヶ伝(盆立)】

今日も、すごく暑かったですね
通勤時には、保冷剤をカバンの中に入れておくと、適度に冷やされて気持ちがいいですよ

今日も仕事が終わったら、茶道のお稽古でした。
先週は、出張で行けなかったから少し間があいてしまいました^_^;)

今日のお稽古は、先に来ていた他のお弟子さんたちが四ヶ伝の一種「盆立」をしていたので、私も見ながら復習もできるから真似てやってみることにしました。

茶道のそれぞれのお点前には、それを守っていかなければならない約束事があります。
例えば、盆立だと
【お道具】曲げの水指、唐金の建水、象牙の茶杓、恵方盆、お伝来の唐物茶入等
【お点前】お伝来の唐物茶入を使うため、茶入を両手で丁寧に扱う。先に、茶入や恵方盆を清める。茶入や恵方盆を清める時は、袱紗を真にさばく。拝見の時は、行にさばく。

お点前
 水指を飾る(お釜の右側、畳の真ん中の真ん中で畳4分の1のところにおく。隙間の真ん中ではないことに注意)
 恵方盆に唐物茶入を載せ唐物茶入が落ちないように右手で茶入を抑えながら運び、水指の真ん前に付くかつかない位置に置く。
 お菓子を正客の前に運び、茶道口で「お菓子をどうぞ」と言い、お辞儀する。
 茶碗で一礼(茶道口で)して、手前座に座ったら茶碗の右横を持ち、左手前を持ち勝手つきに一時置く。(セットする前に茶入などを清める必要があるため)
 恵方盆に載った茶入を両手で(気持ち左手を早く出す)持ち膝前に置く。お仕服の紐をほどき、両手で火窓前に手なり(斜めに)に置く。
 袱紗を真にさばき、恵方盆を清める。最初に横上中下と3本ひき、右端を上から下に、手前を右から左に拭きおろす。袱紗を腰に付ける。
 火窓前(釜)に置いた茶入を左手に載せ、右手で左右とお仕服と茶入の間に手を入れ、茶入をお仕服から取り出し、膝前に置く。左手にお仕服を持っているが、少し茶入を支えるような感じで。お仕服は、少し直しお客さん側に返しながら右手にのせ、左手で左側をつかみ、右手で手前をつまんで釜と水指の間に置く。(奥の方に)
 袱紗を真にさばき、棗(なつめ)を清める。蓋の手前向こうの順に2引きし、胴をお仕服でおさえながら、引っ張るように棗を時計回しに2回転させ、ふきおろす。
 また、恵方盆の真ん中に置く。袱紗を腰につける。
 茶碗を膝前に置いて、建水を取りにいく。
盆立て道具の位置




 今日は、ここまで書きます。覚書なので分かりにくいところもあり、抜けているところもあるかもしれないけど、徐々に完成させていきたいと思います
 今回、建水の持ち出し前まで書きましたが、ここまでの所作がすごく多いのです。
 四ヶ伝になるとお道具も由緒あるものになり、かなり丁寧な所作が要求されます。もう茶道を初めて6年ばかりなりますが、ほとんど覚書をとらず、お稽古中に一生懸命所作を覚えて体にただきつけていました。でも、難しいお点前になるほど、そうはいかず所作がそれぞれ違うので混乱してしまいます。そのため、覚書を書くことにしました。お稽古中は、メモがとれないので帰ってきてから覚えている範囲で書くしかありません

 いくら仕事で疲れていても、お茶をやているときだけ何かいろんなことが忘れられて無心になれるような気がします

 今まで茶道をやったことない方にも是非、お茶に興味を持ってもらいたいです。わけのわからない難しい単語がいくつかあるかもしれないですけど、やっているうちに分かっていき楽しくなること間違いないです。
 戦国武将に興味があるのでしたらお茶はきってもきれない関係にあると思います。

 是非一緒にやってみませんか?





夏の上高地!!景色が最高♡

平成26年7月10日
夏の上高地天気も良くて最高に良い景色

上高地に入るまでもいろいろな地形とか教えてもらえて。
一緒に行けてよかったな
上高地ナショナルパーク
上高地の玄関口沢渡ナショナルパークゲート
中部山岳国立公園内にある上高地。さまざまなところで自然が守られている。訪れる人も守らなくてはいけないルールがある。そのルールを学ぶ場所でもあるのかな。
上高地ナショナルパークゲート
上高地ナショナルパークゲート2
上高地の中に外来種を持ち込まないように、くつの裏に着いた種子を払い落とします。
上高地大正池
大正池
上高地川
川の水が澄んでいてとてもきれい
上高地横尾大橋
横尾大橋
上高地植物1
かわいい植物
上高地植物2

上高地猿
上高地で猿の集団に出会った

上高地明神池1
上高地明神池

こんなきれいな景色をみてしまうと何度も行きたくなってしまいます

龍岡城五稜郭と長野牧場の桜(長野県佐久市)

春と言えば桜ですね。
木々一面に薄ピンクの花をつけて可愛らしくて大好き

長野県は、南北に長くその地域によって、気温の差があるから春は一ヶ月くらいどこかしらで桜を楽しめちゃう
そこが長野のいいところかな。

今日は、佐久市の桜を見に行ってきました。
龍岡城五稜郭長野牧場

五稜郭桜1
【龍岡城五稜郭の桜をきれいだったので少しアップで撮ってみました
中心がピンクでかわいい

五稜郭桜3
【五稜郭のお堀から(星型の尖った先から)】

五稜郭桜2

長野農場桜
【長野牧場の桜(並木道に奥にはヤギ舎が)】


長野農場やぎ
【長野牧場のヤギ(ヤギの瞳って横長なんですよね

ヤギ舎の柵に近づくとヤギが寄ってきました。草を持っていなくてごめんなさい。餌がないとわかるとすぐ行ってしまいました



家庭に癒しの空間のない男性がたくさんいるような気がする。
一番休まるはずの家庭に憩いの場がないのはなんだか、夫婦って一体何なのかと思う。

そう思うのは、職場の男性は飲みに行くことが多く、ほとんど真っ直ぐ家に帰らない男性も多い。

既婚者から誘われることが多い、何とかはぐらかして行かないようにしているけど、
私を誘うということは、癒しを求めている。

世の奥様は何を考えているんだと思う。
被害に会うのは若い女性ってことを。

しっかり帰れる癒しの空間を作るべきだし、それができないのであれば、別れるべきだと思う。
権利だけ主張してそういったことができない。そういう女性にはなりたくない。

子供のために別れないという女性はいるが、それは逆だと思う。
子供のために別れるべき。他に好きな人ができた人と一緒にいることこそ子供にも伝わり子供が大きくなってから傷つく。
子供のためにというのは大人のエゴ。そういう親ほど自分のことしか考えていない。

諏訪湖花火大会2013の混乱

 2013年8月15日、諏訪湖の花火大会へ行った。
 雨なら行くのを止めようかなと思ったが、ネット上の天気予報では、21時過ぎに弱雨となっていたので、雨天決行となっているし少しくらいの雨ならいいかなと思った。

 電車で行くためなるべく乗り換えの少ないのでと思っていたら、長野から一本で行けるのが「12時32分発茅野行き」があったので、乗って15時頃には会場に着いた。
 4,000発の花火が打ち上げられ湖上のスターマインはかなり見頃があるため毎年50万人近い人が見に来るみたいで、15時にはもうすでに会場にはたくさんの人がきていた。観客席は打ち上げのすぐそばなので昨年も見に行ったけど迫力がすごかった。花火の燃え殻が落ちてくるのがなんとも言えなかったが、それだけ魅力があった。

 席について屋台で食べ物を買って食べ始めた頃(16時)にポツンポツンと雨が降り始めかなりの土砂降り雨に変わった。みんな例年の経験からかっぱを持ってきていて、雨に備えた準備も早かったが、すぐに止むと思ってみんな会場から離れなかったら、かなりひどい雷雨が1時間以上続いた。あまりにもひどい雨で身動きもできない、かっぱを着ていてもびしょ濡れ状態
 花火が始まる頃には、雨が止んでいたが、怪しい雲はその場に停滞していた。19時に花火が始まって打ち上げ始めた頃にまた雨が降り始め、また雷雨の土砂降りで、傘をさしながら見ることに
 
 雨の中花火はキレイに上がっていた。とても感動したのも束の間、雨がひどく打ち付け雷だか花火の音だか分からないくらいひどい雷で、危険を感じ急いで片付け帰る準備をした。他の人たちもまだ花火は上がっていたが、帰る支度をして出口はごった返していて、出るのが大変だった。
 駅へ向かっている人も多かったが、雷の中長蛇の列に並ぶのは危険と思い、とりあえず安全な建物の下に避難した。そのうちに花火は中止となり、電車もストップしたとの情報を観客の人から聞いた。それからしばらく経って、駅から戻って来る人がいて、旅行会社の人らしきひとが文化センターを避難所にしたということを言っていった。私たちは取り敢えず雨が少しおさまり駅に向かうことにした。建物にいても情報がつかめないため。
 まだ、駅には多くの人が並んでいて、いつ電車が再開するか分からないため、並ぶことにした。大分待ってから、気分悪くする人も多く救急車が行ったりきたりしていた。私も、体温が奪われ震えがとまらなかった。警官は他にも避難所を設けたからそこに行くように支持があって、私たちも近そうな諏訪市役所に避難した。横になれるスペースもあり、ゆっくりしていると、0時ちょっと前に電車が再開したから駅に行くようにアナウンスがなり促されるように、急いで駅に向かった。諏訪市の職員に駅の様子を聞いても分からないとのことだった。駅には、他の避難所からも追い出されるように出てきたため長蛇の列で0時頃に行ったのに、電車に乗れたのは1時過ぎだった。

 2時前に松本駅に着いたが、改札口付近には、数十人の人が待っていたため長野行きの電車のことを駅員に聞くと「電車はあることにはあるが分からない」と言われ、待つことにどのくらい待てばいいのか全然教えてくれない。3時前にアナウンスで「20時14分発快速長野行きが7時間半遅れで○○駅を発車予定で3番線に3時15分頃に到着予定」と流れた。みんな一斉に3線に行って並んで、しばらくたったら前に普通の臨時列車が走っているため、3時半頃になり、だんだん遅れていった。前に走っていた臨時列車が同じ3番線に入ってきて、その列車を動かした後快速電車が入りますと言っていたが、臨時列車にトラブルが発生したのが、動かすことができず、今度は快速を2番線にいれますとのこと。えっかなり待って整列していたのに、当然隣にホームになったため後からきた人が前へとなったため、最初の方に並んでいた人はかなり怒って、駅員に文句言いに行ったらしく「前の順番通りに並び変えてください」とアナウンスが流れたら逆に後から来たのは、そんなの順番なんか分かるわけないと言っていた。
 その快速は特急あずさの車両を臨時に使うことにしたらしい。特急あずさと言えば、新宿―松本間を走っているため、長野駅にくることはまずない車両のため、貴重な経験をした。

 でもなぜJRは、その快速を7時間半遅れで走らせたのか、上諏訪―松本間は、臨時にしたりかなりの電車を走らせていたのなら、松本発にして違う車両を使ってもよかったのでは
 松本駅で待っているあいだも車庫に入る回送列車がかなりとまっていた。上諏訪から一番遅い電車が来てからまとめて長野行きを走らせようとしたみたいな感じがした。いくら車両があっても多くの人を待たせていた。結局長野駅に着いたのは、5時過ぎだった。

 情報の伝達も悪すぎる。JRの体質だと思う。こういった自然災害はいくらでも経験しているはずなのに、お客を混乱させお客のことを考えてないような感じ。


 私が学生の頃、大学の授業を受けた帰りに集中豪雨にあって、帰れなくなったことがある。その時もJRの駅員に聞きに行くと状況が分からないや運休ですの一点張りだった。乗客は、ニュースも見れないためどのような状況かさっぱり分からないので、どんな状況の情報は欲しい。平行で走っている名鉄駅に行ったら、乗客の家族からの伝言なども伝えていたり、「無責任なことを言いますが、途中の線路(地域)が浸水しているため2、3日は動かない可能性がある。」と言ってくれた。その情報がないと、いつまでも動くかもしれないという期待があるが、それを聞いたおかげで諦めもつく。その後名鉄は、定期を買っていたためもったいなかったなと思ったが、定期を更新するときに往復のどこへでも行ける乗車券をくれた。そこが違うとこだと思う。
 その頃から体質が変わってなくて残念に思った。まだ、応対が丁寧に改善してきたことは良いが。

 諏訪湖の花火大会も中止になったのは、残念だったけど、途中まで見られたので感謝したい。
 何も見ずに帰るのでは、電車代がもったいなかったけど、少しでも見れたから。
 諏訪湖の花火大会で一つ残念なのは、風が停滞しているせいか煙で次ぎの花火が見えづらくなることかな。
諏訪湖花火大会2013
諏訪湖花火大会2



 この日は災難だったけど、いろんなことを学んだ

楽天カード




 

スポンサードリンク

Copyright © ~活力の源~ mayumi blog All Rights Reserved.
まとめ ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。