裏千家今日のお稽古など、真由美のブログをみてくださってありがとうございます。日々感じていること、感謝の気持ち、勇気づけられる言葉、私の趣味やいつまでも若くかわいらしくある自分の美容で気を付けていること、日々の日記のようなものを書いていきます。いろんな情報がありますので飽きませんよ。宜しくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏千家今日のお稽古

 今日は、まだ10月だけどお稽古場は炉になっていました。
 先輩方が研究会で炉をやるみたいで早くやって欲しいとのことだったみたいです。


 もうそんな季節なんですね。今年も早く日が立つような気がします。


 今日は、半年ぶりの炉だったからまず手始めに薄茶をご指導いただきました。
 また、炉も足の運び方が難しいです。


 2回くらい入り直して練習しました
 炉の場合は、最後座るときは、斜めに座らなくてはなりません。内隅の角をねらって

 座るときは、炉の角から自分の真ん前までにお茶碗と「なつめ」がおける感覚をとらないと「なつめ」を清めるときに苦労します。
 今日も棚を使います。
 前と同じ玄々斎好の更好棚(こうこうだな)です。

 更好棚は、4本足があり天板中板地板の3枚あります。柱と板の面は黒く塗られ3枚の板の横を紅く塗られています。
 風炉、炉にも用いることができるそうです。

一つ炉になって変わることは、薄茶の場合も建水を持って入るときに襖をしめます。
また、お点前をする定位置に座ったら建水は、炉縁の線上から自分よりに中に入れて置く
居ずまえを直して建水を進めるときは、炉縁の線上上に置きます。
他にも「なつめ」を清めた後「なつめ」と茶筅を水指と炉縁の角を結ぶ線上に一直線に等間隔で置きます。

気をつけたいことは、お稽古中に注意されましたが、茶杓やなつめ、茶筅をと取るときに、左側にあるためお茶碗の上を通って取ろうとしてしまいますが。お茶碗は左側から避けて取るようにします。

他は、そんなに難しい所作はありません。




 

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © ~活力の源~ mayumi blog All Rights Reserved.
まとめ ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。