裏千家 今日のお稽古【四ヶ伝(盆立)】など、真由美のブログをみてくださってありがとうございます。日々感じていること、感謝の気持ち、勇気づけられる言葉、私の趣味やいつまでも若くかわいらしくある自分の美容で気を付けていること、日々の日記のようなものを書いていきます。いろんな情報がありますので飽きませんよ。宜しくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏千家 今日のお稽古【四ヶ伝(盆立)】

今日も、すごく暑かったですね
通勤時には、保冷剤をカバンの中に入れておくと、適度に冷やされて気持ちがいいですよ

今日も仕事が終わったら、茶道のお稽古でした。
先週は、出張で行けなかったから少し間があいてしまいました^_^;)

今日のお稽古は、先に来ていた他のお弟子さんたちが四ヶ伝の一種「盆立」をしていたので、私も見ながら復習もできるから真似てやってみることにしました。

茶道のそれぞれのお点前には、それを守っていかなければならない約束事があります。
例えば、盆立だと
【お道具】曲げの水指、唐金の建水、象牙の茶杓、恵方盆、お伝来の唐物茶入等
【お点前】お伝来の唐物茶入を使うため、茶入を両手で丁寧に扱う。先に、茶入や恵方盆を清める。茶入や恵方盆を清める時は、袱紗を真にさばく。拝見の時は、行にさばく。

お点前
 水指を飾る(お釜の右側、畳の真ん中の真ん中で畳4分の1のところにおく。隙間の真ん中ではないことに注意)
 恵方盆に唐物茶入を載せ唐物茶入が落ちないように右手で茶入を抑えながら運び、水指の真ん前に付くかつかない位置に置く。
 お菓子を正客の前に運び、茶道口で「お菓子をどうぞ」と言い、お辞儀する。
 茶碗で一礼(茶道口で)して、手前座に座ったら茶碗の右横を持ち、左手前を持ち勝手つきに一時置く。(セットする前に茶入などを清める必要があるため)
 恵方盆に載った茶入を両手で(気持ち左手を早く出す)持ち膝前に置く。お仕服の紐をほどき、両手で火窓前に手なり(斜めに)に置く。
 袱紗を真にさばき、恵方盆を清める。最初に横上中下と3本ひき、右端を上から下に、手前を右から左に拭きおろす。袱紗を腰に付ける。
 火窓前(釜)に置いた茶入を左手に載せ、右手で左右とお仕服と茶入の間に手を入れ、茶入をお仕服から取り出し、膝前に置く。左手にお仕服を持っているが、少し茶入を支えるような感じで。お仕服は、少し直しお客さん側に返しながら右手にのせ、左手で左側をつかみ、右手で手前をつまんで釜と水指の間に置く。(奥の方に)
 袱紗を真にさばき、棗(なつめ)を清める。蓋の手前向こうの順に2引きし、胴をお仕服でおさえながら、引っ張るように棗を時計回しに2回転させ、ふきおろす。
 また、恵方盆の真ん中に置く。袱紗を腰につける。
 茶碗を膝前に置いて、建水を取りにいく。
盆立て道具の位置




 今日は、ここまで書きます。覚書なので分かりにくいところもあり、抜けているところもあるかもしれないけど、徐々に完成させていきたいと思います
 今回、建水の持ち出し前まで書きましたが、ここまでの所作がすごく多いのです。
 四ヶ伝になるとお道具も由緒あるものになり、かなり丁寧な所作が要求されます。もう茶道を初めて6年ばかりなりますが、ほとんど覚書をとらず、お稽古中に一生懸命所作を覚えて体にただきつけていました。でも、難しいお点前になるほど、そうはいかず所作がそれぞれ違うので混乱してしまいます。そのため、覚書を書くことにしました。お稽古中は、メモがとれないので帰ってきてから覚えている範囲で書くしかありません

 いくら仕事で疲れていても、お茶をやているときだけ何かいろんなことが忘れられて無心になれるような気がします

 今まで茶道をやったことない方にも是非、お茶に興味を持ってもらいたいです。わけのわからない難しい単語がいくつかあるかもしれないですけど、やっているうちに分かっていき楽しくなること間違いないです。
 戦国武将に興味があるのでしたらお茶はきってもきれない関係にあると思います。

 是非一緒にやってみませんか?





このエントリーにお寄せ頂いたコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
at 2014/10/30(木) 21:46 |

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © ~活力の源~ mayumi blog All Rights Reserved.
まとめ ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。