真由美のブログをみてくださってありがとうございます。日々感じていること、感謝の気持ち、勇気づけられる言葉、私の趣味やいつまでも若くかわいらしくある自分の美容で気を付けていること、日々の日記のようなものを書いていきます。いろんな情報がありますので飽きませんよ。宜しくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪湖花火大会2013の混乱

 2013年8月15日、諏訪湖の花火大会へ行った。
 雨なら行くのを止めようかなと思ったが、ネット上の天気予報では、21時過ぎに弱雨となっていたので、雨天決行となっているし少しくらいの雨ならいいかなと思った。

 電車で行くためなるべく乗り換えの少ないのでと思っていたら、長野から一本で行けるのが「12時32分発茅野行き」があったので、乗って15時頃には会場に着いた。
 4,000発の花火が打ち上げられ湖上のスターマインはかなり見頃があるため毎年50万人近い人が見に来るみたいで、15時にはもうすでに会場にはたくさんの人がきていた。観客席は打ち上げのすぐそばなので昨年も見に行ったけど迫力がすごかった。花火の燃え殻が落ちてくるのがなんとも言えなかったが、それだけ魅力があった。

 席について屋台で食べ物を買って食べ始めた頃(16時)にポツンポツンと雨が降り始めかなりの土砂降り雨に変わった。みんな例年の経験からかっぱを持ってきていて、雨に備えた準備も早かったが、すぐに止むと思ってみんな会場から離れなかったら、かなりひどい雷雨が1時間以上続いた。あまりにもひどい雨で身動きもできない、かっぱを着ていてもびしょ濡れ状態
 花火が始まる頃には、雨が止んでいたが、怪しい雲はその場に停滞していた。19時に花火が始まって打ち上げ始めた頃にまた雨が降り始め、また雷雨の土砂降りで、傘をさしながら見ることに
 
 雨の中花火はキレイに上がっていた。とても感動したのも束の間、雨がひどく打ち付け雷だか花火の音だか分からないくらいひどい雷で、危険を感じ急いで片付け帰る準備をした。他の人たちもまだ花火は上がっていたが、帰る支度をして出口はごった返していて、出るのが大変だった。
 駅へ向かっている人も多かったが、雷の中長蛇の列に並ぶのは危険と思い、とりあえず安全な建物の下に避難した。そのうちに花火は中止となり、電車もストップしたとの情報を観客の人から聞いた。それからしばらく経って、駅から戻って来る人がいて、旅行会社の人らしきひとが文化センターを避難所にしたということを言っていった。私たちは取り敢えず雨が少しおさまり駅に向かうことにした。建物にいても情報がつかめないため。
 まだ、駅には多くの人が並んでいて、いつ電車が再開するか分からないため、並ぶことにした。大分待ってから、気分悪くする人も多く救急車が行ったりきたりしていた。私も、体温が奪われ震えがとまらなかった。警官は他にも避難所を設けたからそこに行くように支持があって、私たちも近そうな諏訪市役所に避難した。横になれるスペースもあり、ゆっくりしていると、0時ちょっと前に電車が再開したから駅に行くようにアナウンスがなり促されるように、急いで駅に向かった。諏訪市の職員に駅の様子を聞いても分からないとのことだった。駅には、他の避難所からも追い出されるように出てきたため長蛇の列で0時頃に行ったのに、電車に乗れたのは1時過ぎだった。

 2時前に松本駅に着いたが、改札口付近には、数十人の人が待っていたため長野行きの電車のことを駅員に聞くと「電車はあることにはあるが分からない」と言われ、待つことにどのくらい待てばいいのか全然教えてくれない。3時前にアナウンスで「20時14分発快速長野行きが7時間半遅れで○○駅を発車予定で3番線に3時15分頃に到着予定」と流れた。みんな一斉に3線に行って並んで、しばらくたったら前に普通の臨時列車が走っているため、3時半頃になり、だんだん遅れていった。前に走っていた臨時列車が同じ3番線に入ってきて、その列車を動かした後快速電車が入りますと言っていたが、臨時列車にトラブルが発生したのが、動かすことができず、今度は快速を2番線にいれますとのこと。えっかなり待って整列していたのに、当然隣にホームになったため後からきた人が前へとなったため、最初の方に並んでいた人はかなり怒って、駅員に文句言いに行ったらしく「前の順番通りに並び変えてください」とアナウンスが流れたら逆に後から来たのは、そんなの順番なんか分かるわけないと言っていた。
 その快速は特急あずさの車両を臨時に使うことにしたらしい。特急あずさと言えば、新宿―松本間を走っているため、長野駅にくることはまずない車両のため、貴重な経験をした。

 でもなぜJRは、その快速を7時間半遅れで走らせたのか、上諏訪―松本間は、臨時にしたりかなりの電車を走らせていたのなら、松本発にして違う車両を使ってもよかったのでは
 松本駅で待っているあいだも車庫に入る回送列車がかなりとまっていた。上諏訪から一番遅い電車が来てからまとめて長野行きを走らせようとしたみたいな感じがした。いくら車両があっても多くの人を待たせていた。結局長野駅に着いたのは、5時過ぎだった。

 情報の伝達も悪すぎる。JRの体質だと思う。こういった自然災害はいくらでも経験しているはずなのに、お客を混乱させお客のことを考えてないような感じ。


 私が学生の頃、大学の授業を受けた帰りに集中豪雨にあって、帰れなくなったことがある。その時もJRの駅員に聞きに行くと状況が分からないや運休ですの一点張りだった。乗客は、ニュースも見れないためどのような状況かさっぱり分からないので、どんな状況の情報は欲しい。平行で走っている名鉄駅に行ったら、乗客の家族からの伝言なども伝えていたり、「無責任なことを言いますが、途中の線路(地域)が浸水しているため2、3日は動かない可能性がある。」と言ってくれた。その情報がないと、いつまでも動くかもしれないという期待があるが、それを聞いたおかげで諦めもつく。その後名鉄は、定期を買っていたためもったいなかったなと思ったが、定期を更新するときに往復のどこへでも行ける乗車券をくれた。そこが違うとこだと思う。
 その頃から体質が変わってなくて残念に思った。まだ、応対が丁寧に改善してきたことは良いが。

 諏訪湖の花火大会も中止になったのは、残念だったけど、途中まで見られたので感謝したい。
 何も見ずに帰るのでは、電車代がもったいなかったけど、少しでも見れたから。
 諏訪湖の花火大会で一つ残念なのは、風が停滞しているせいか煙で次ぎの花火が見えづらくなることかな。
諏訪湖花火大会2013
諏訪湖花火大会2



 この日は災難だったけど、いろんなことを学んだ

楽天カード




 
スポンサーサイト

チャレンジ!!the司法書士試験

資格試験にチャレンジしようと思ったことは、ありませんか

大学時代に法律の勉強をしていたこともあって、司法書士の試験にチャレンジしようと思います。
今年も勉強はそこそこに、試しに受けてみました。
大学時代に法律は勉強してたとは言え、かなり法の改正などあって勉強に苦戦しました。

勉強も範囲も広く、合格率約2.8%という難関です。
今回は、勉強不足もありかなりひどい結果に

来年度に向けて仕切り直しをしますしかも、独学で頑張ります

試験日: 平成26年7月
試験科目
憲法
民法
商法(会社法その他の商法分野に関する法令を含む。)
刑法
不動産登記
商業登記
供託
民事訴訟法、民事執行、民事保全
その他司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力
からからは択一式で
は、択一式と記述式です。

法律の勉強には、判例が重要だということも分かりました。



楽天カード



裏千家 今日のお稽古【濃茶付き花月】

平成25年(2013年)8月8日(木)
今日の昼間はすごく暑かった
でも、長野は夜になると少し気温が下がるのでクーラーなくても大丈夫です
長野は、その点過ごしやすくていいところです。

今日のお稽古は、お盆前ということもあり(少しお稽古の間が空くので)、濃茶付花月でした

普通の花月之式に濃茶が付いたものです。
花月之式は薄茶を4服点てますが、濃茶が付くと濃茶1服に薄茶が3服です。

花月は、ちょっとゲームのような感じで昔のお遊び的な要素がありますね。お遊びって言ったら怒られてしまうかもしれませんが、結構ドキドキして楽しいです。

亭主(お点前さん)とお客さん(正客など順番)をくじで決めるものです。
厚い紙を折った折末(おりすえ)という入れ物中に、「月と花と一、二、三」という文字を1枚ずつに書いた木札が入っていて、順番にその札を引いていきます。札は裏返しに入っているので、何が当たるかわかりません。何が当たるか分からないのでお点前さんになったり、正客になったり運命は札に委ねられています。

このお点前のキーワードは、
足の運び方。(席に入る時、手前座に入る時など)
濃茶から薄茶に変わる時。


それでは、濃茶付花月の順序を説明します。

《お菓子を食べる・札を引く》席に入る前に仲間で円陣を組んでお菓子を食べて、折末に入った札を順番に引きます。最後の人が引くまで待ってみんなで札を表にし、何が書かれているか確認します。月と書かれた人が道具の運び出しと濃茶を点てます。花を引いた人が正客と最初の薄茶を点てます。なので月と花を引いた人は、①月・②花と言います。
《席入り》花を引いた正客から札に書かれた順番に入ります。必ず次ぎの人に「お先に」と言います。
右足から入り部屋の隅まで進み座ります。正客は一番床に近いところに部屋を斜めに歩き行き、床を背にクルッと向きを変えて座り、次ぎの人も部屋を斜めに進み、今度は正客側を向いて向きを変えます。償却とは逆方向に向きを変えます。最後の2人は、部屋の隅をまっすぐ進みます。全員が部屋の隅に直線に並びます。
※必ず右足から入ります。
花月(足の運び)

客役の人が全て座り終わったら、亭主役が茶道口を右足から入り、左足を少し出し下記左図のように畳の角隅をねらって座り、全員でお辞儀をします。亭主役は、退席します。
次に、客役全員が袱紗(ふくさ)を腰に付けます。(お点前をするときのように)
正客から順に次客に「お先に」と言って右足から立ち、下記右図のように客席に入ります。(四畳半の中に入ります。)
花月(席入り)

続きは、次回へ

利休百首はお稽古をする上でいろいろなことを教えてくれる大事なものだと思います。
利休百首1
『その道に入らんと思う心こそ我身ながらの師匠なりけり』
茶道を学ぶ者の心得。どのお稽古でも言えますが、その道(茶道ならお茶の道)を習おうと心に決めた時に、自分の中に師匠ができている。志が大事だと言っているように思います。
私は、この茶道の道に入ろうと思ったときには、かなりの決心が必要でした。入ろうと思ってから何年もかかったような気がします。入ると決心したからには、中途半端な気持ちではできませんでした。自分から学ぼうと必死でした。その道というのは、ただの習い事とは違って、師弟関係が出来上がり、師匠と弟子は親と子というな絆ができます。


「服部幸應のお取り寄せ」











★人間批評★その1

今朝、出勤をするときだった。
駅から会社まで歩いていると

前を歩く人の影から突然70歳まえくらいの男性が現れて、ぶつかりそうになった。突然だったので避けるすきもなかった。突然現れて私の前を急に横切って、行くてをはばんだのは向こうなのに、私の横を通るときに、「なんだ、このやろう」とはき捨てるような言い方をして歩いて行った。

ものすごい腹が立った
確かに私と同じ方向に歩いている人がいっぱいいて、私の前を歩いていた人は狭い歩道を2人でいっぱいに歩いていたから邪魔だったのだろう。
それにしても、私に対してその言い方はないと思う。
でも、腹が立つのと同時にかわいそうな人だと思った。自分の思いどおりにならないことが多いのにそんなことしか言えないなんて、なんて悲しい人なのでしょう。多分、孤独なのでしょう。


そういえば、つい最近ニュースで年配者の犯罪が昔に比べ4割ほど増えたと言っていた。コメンテーターが歳をとると脳の感情をつかさどる前頭葉が縮小されるため、感情を抑制することができないらしい。

確かに、学生の頃集中豪雨で名古屋から帰れなかったときに、駅員にどなり散らしていたのは年配者ばかりだった。

でも、私の周りにいる年配者の方は、いい人ばかりなので、年配者だからといって決め付けることは良くない。
若い頃からの育ちや生活態度が問題だと思う。私たちも、今からイライラして暮らしているようだとそのような歳になったらもっとひどくなるだろう。
やはり、普段からリラックスすることを心がけよう


イライラしていたら時間がもったいない。ライフを楽しまなくちゃ
ニュースの中でコメンテーターの人が前頭葉を働かせるには、恋愛が一番みたい





今日は、広島原爆の日

1945年の今日(8月6日)8時15分に広島に原爆が落とされた日です。
日本人なら忘れてはならない日ですね。

 私は、中学3年の頃(もうだいぶ前ですね)、社会科の授業で第二次世界大戦を勉強した時、戦争の悲惨さに痛感させられたため、どうしても悲惨な戦争の事実をみんなに知ってほしくて夏休みの課題を『第二次世界大戦』として調べたことがありました。この夏休みの課題では優良賞をもらっちゃいました

 戦時中の新聞も図書館に行けばマイクロフィルムとして残っていたので、はじから読んだりして図書館に入り浸り状態でした。
 普段はテレビや新聞などではみたことがなくて実際の戦争を肌で感じることができなかったけど、両親が広島まで家族旅行を計画してくれて、広島の原爆ドームや平和記念資料を見学することができ、実際の生々しい写真や状況をみていたたまれなかったです。ショックが大きかった。


 数年前に納戸を片付けていた時にその時に調べていたファイルが見つかって、ちょっと忘れていた感情が思い出されました。

 人は過去を教訓として学ぶべきです。みんなは決して忘れてはならない。

 原子力発電の問題も被爆国として、脱原発としてしっかり考えて欲しいですね。

でも、中国や韓国みたいに被害者意識を強く出しているところは、過去の戦争をいい材料(賠償問題として)としているだけで発展もしないように思えます。

かわいい盲導犬チャリティーグッズ!収益金の10%が盲導犬育成事業のサポートに役立てられます。




長野びんずる

今年も8月3日(土)に行われた長野びんずるが終わった
何だか、夏が終わったような寂しいような感じがします。

長野市街地で行われるこのびんずるは、いろんな団体(仕事関係や趣味関係の仲間、習い事関係など)が参加し18:30~21:00まで踊る祭りです。誰でも参加しやすい、踊りも少し練習するだけで誰でも踊れるもので参加すればすごく楽しいです。正式な踊りは木のしゃもじを2本持って打ちながら踊るものです。

私は、何年か前に職場で1回参加しました。他の団体を見ると独創的な踊り方をしている団体などもあって踊りながらそれをみるのも楽しいです。


今年は、特別「東京ディズニーリゾート30周年“ザ・ハピネス・ツアー”」(全国をまわっている)でディズニーの仲間たちのパレートがあったみたいです。
近くまで行ったのに、混むのが嫌で行かなかった

今年は、また特別な記念の年であったみたいで、善光寺のびんずる尊者像が作られて300年で参加者全員に善光寺から祈祷されたしゃもじが送られたそうです。このしゃもじは、南三陸の方々に作っていただいたそうです。

『びんずる』という名前は、善光寺のびんずる尊者から付けられたものです。
長野の人だったら馴染みの深い『おびんずるさん』は、善光寺本堂外陣に祀られています。お釈迦様の弟子十六羅漢の一人です。神通力が強かったため、自分の体の悪い部分と『おびんずるさん』の同じ場所を触ると治していただくという信仰があります。
 善光寺に行ったときは、必ず『おびんずるさん』にお参りします。


飛騨高山の「山車」地酒通販




裏千家 今日のお稽古【葉蓋・洗い茶巾②】

葉蓋や洗い茶巾のお点前は、暑い夏ならではの趣向のため、薄茶しかできません。
このような趣向で暑さを少しでも涼しく演出するのは、おもてなしの心を重んじる茶道ならではですね。
洗い茶巾のお点前ってどうして涼しさを感じられるのでしょうか、それは水の滴る『チョロチョロチョロ』という音が何とも涼しさを感じられます 五感で感じるという何とも風情がありますね

それでは、前回の続きで【葉蓋・洗い茶巾】の
お点前の手順
2.お点前 
 手前座に座って建水を左腕の下に置き、棗と茶碗を水指しの前に並べて置いたら
柄杓をかまえて、蓋置を釜の左角に置き、柄杓を蓋置きに引いて置く。
建水を進めて、居ず前を正す。柄杓を構えて、釜の蓋を蓋置きに置き、柄杓を釜に預ける。
茶碗を右手で右手前を左手で左横を持ち、持ち上げて自分の前まで持ってきたら(まだ空中のままです。)右手で右横をしっかり持ち、左手で左手前を支えて下に置く。(自分と茶碗の間に棗が置けるように空けます。)
※茶碗には、水が入っているため両手で丁寧に扱います。
棗を自分の前と茶碗の間に置き、袱紗をさばき、棗と茶杓を清め水指しの左手前に置き、茶碗の中の茶筅を棗と置き合わせる。
茶碗を手前に引いて、茶碗の中にある茶巾のはしを持って持ち上げる。
※この時に茶碗に水が入っているため水の滴る音が涼しさを呼びます。
一回茶碗の上で茶巾を絞リ、残りを建水の上で完全に絞る。そして、茶巾を広げてたたみ釜の蓋の上に一旦預ける。茶碗の水を建水へ捨てる。茶巾で茶碗を拭く。
茶杓を右手で、棗を左手で取って(棗を取るときは、茶杓を持った右手は右膝の上に)、茶杓を持った手で棗の蓋を取る。棗の蓋は右膝の前に置き、茶杓で抹茶をすくう。
水指しの蓋である葉を右手で葉と茎をしっかり持って、自分の前にもってきたら半分に折って小さく折りたたんで茎でそれをさして建水へ入れる。

これ以降は、普通のお薄のお点前と同じです。

このお点前には、ガラスや平茶碗を使うといいです
ガラスの茶碗や平茶碗も夏に使うものです。


ツインキュ





裏千家 今日のお稽古【葉蓋・洗い茶巾】

今日は、暑い夏ならでは(今の時季にしかできない)のお点前をお稽古していただきました。

葉蓋・洗い茶巾のお稽古です

葉蓋とは、水指しの蓋として葉を使います(水指しの上に載せる)。葉には、梶の葉など毒性がなく汁が滴らない大きめのものを使います。
水指しは黒塗の丸い筒状の口が広がっていないものを使いました。葉でちょうど蓋ができるようなもの。

洗い茶巾は、最初持ち出すときに茶碗の中に茶巾を入れ、水を半分より多めに入れ茶筅、茶杓をセットします。

お点前の手順
1.持ち運びお菓子(正客の前でお辞儀)
水指し(茶道口に座って水指しを置きお辞儀をする。風炉釜の隣に置く。)
上記でセットした茶碗(左手のひらにのせ右手で軽く押さえる。水が入っているため、両手で丁寧に扱う。勝手付に置く。)※水が入っている間はすべて両手で扱うことを忘れないで!
棗と建水(柄杓と蓋置き)(棗は右手の平に建水は左に持つ。棗は水指しの右前に建水は勝手付に置く。そしてさっき勝手付に置いた茶碗を両手で持ち上げ、棗と並べて置く。)
※茶碗を持つ手は、勝手付から持ち上げる時は、右手で横左手で手前を持って持ち上げる。棗と置き合わせる時は、左手を横にしっかり持ち、右手を手前に添えて置く。

続きは、明日へ

【pairs】






スポンサードリンク

Copyright © ~活力の源~ mayumi blog All Rights Reserved.
まとめ ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。